HOME > 活動報告 > 阿蘇大橋 現位置再設置困難

阿蘇大橋 現位置再設置困難

阿蘇大橋 現位置再設置困難

2017年04月17日

IMG_0992.jpg皆さん、こんにちは。
 今年度は、多くの「選挙」が予定されています。中でも注目なのが、東京都議会議員選挙です!小池百合子知事の地域政党「都民ファーストの会」がどこまで議席を伸ばすのか、その煽りを受ける政党がどこなのか?自民党の予想獲得議席は?などなど、気になるところだと思います!また、最近では、静岡県知事選挙(6月施行)に現職の川勝平太知事が出馬するんか否か、そこに細野豪志代議士、渡辺周代議士がどのように割って入るのか、政治家の微妙な駆け引きが展開されています。個人的には、川勝知事は出馬しないのではないかと見ています。知事は「後継指名はしない」と言っていますので、細野代議士と渡辺代議士との調整が次なる注目になって来るのではないかと注目しています!地方議会や首長選挙から目が離せません!!!
 さて、熊本地震の本震発生から昨日で1年が経過しました。個人的なボランティア活動と会派の視察で、阿蘇大橋の崩落現場を昨年、視察しました。東海大学阿蘇キャンパスの入口に架けられていた阿蘇大橋ですが、現在の場所では、大橋設置が困難との判断から、国土交通省は約600m下流のところに新たに大橋を架け直す準備を進めているとしています。完成は4年以内としていますが、近隣住民や県民の交通インフラにも影響があることから早期の完成を期待したいと思います!