HOME > 活動報告 > 衆院区画定勧告 世紀の愚策!

衆院区画定勧告 世紀の愚策!

衆院区画定勧告 世紀の愚策!

2017年04月20日

IMG_1254.jpg皆さん、こんにちは。
 昨日、衆議院選挙区画定審議会が「1票の格差」を是正する区割り改定案を安倍晋三首相に勧告しました。その中で、我が神奈川県の衆議院選挙区は18選挙区あるうち、8選挙区が境界見直しを強いられる形となりました。
 特に私の地元である川崎市宮前区は、高津区と中原区の1部で「神奈川18区」が構成されていますが、宮前区の一部地域(神木本町1丁目?5丁目)が神奈川9区に編入する勧告には正直、驚愕です!誰が考えた選挙区画なのかわかりませんが、世紀の愚策であると憤りを覚えます!この一部地域というのは、地図上では神奈川9区の多摩区に隣接している部分ですが、相当いびつな線引きになります。地域人口か投票区人口なのか理解に苦しむところですが、有権者にどこまで理解していただけるものなのか、選挙管理委員会をはじめ、行政の説明と徹底した広報が求められると思います!予算を含めて、行政の同行を注視して行きたいと思います!!!