HOME > 活動報告 > 視察中の上空をミサイル通過

視察中の上空をミサイル通過

視察中の上空をミサイル通過

2017年08月29日

IMG_3228.JPG皆さん、こんにちは。
 第80代内閣総理大臣を務められた羽田孜先生は昨日朝、ご逝去されました。。。。ここに慎んで哀悼の意を表します。竹下派7奉行のお一人と言われながら政治手腕を発揮され、我が国の発展にに大きく貢献された羽田先生が亡くなられたことが残念でなりません。今こそ「クールビス」が当たり前のように施行されていますが、その先駆けは間違いなく羽田先生の「省エネルック」です!当時、スーツの袖がなく「えっ!?」と思いましたが、時代を先駆けたファッションは羽田先生ならではのアイデアでした!政界では、総理大臣として短命政権に終わっていますが、昭和の政治史に名を残した代議士であることは間違いありません。また一人、大物政治家がこの世を去されたこと残念でなりません。。。。
 さて、今朝5時58分頃、北朝鮮がミサイルを発射しました!朝からスマートフォンの緊急情報を示す音声が流れ、緊張が走りました。ミサイルは、日本の上空を通過して、約2700キロ飛行し、襟裳岬の東、1180キロの太平洋上に落下したと伝えれれていますが、現在、県議会「県民・スポーツ常任委員会」で北海道函館市を視察しています。と言う事は我々の上空を通過したことになります。。。。幸いにも、視察中の北海道や日本の国土にミサイルやその破片類が落下した情報等がないことから若干、安堵しています。
 このような緊張感が走ったことは極めて遺憾です。北朝鮮に対して憤りを覚えると共に、米国、アジア近隣諸国と連携して、断固たる対応を取ってほしいと思います!!!