HOME > 活動報告 > レスリング協会の不適正会計

レスリング協会の不適正会計

レスリング協会の不適正会計

2017年09月27日

IMG_3515.JPG皆さん、こんにちは。
 死者58人を出した「御嶽山」の噴火から今日で3年が経過しました。。。。この御嶽山の噴火映像を報道で見る度に、自然の猛威に対する恐怖と何もできない状況に背筋が凍り付く思いでいます!いまだ行方不明者が5人もいらっしゃる中で、秋の紅葉、ハイキング、登山として御嶽山を訪れる方もいます。山頂付近の山小屋は撤去作業が進められているとの報道がありました。建て直しが計画されているようですが、御嶽山のような火山には、単に山小屋としてではなく、シェルター機能を持たせた山小屋へと整備促進をしてほしいと思います!神奈川県箱根の大涌谷の周辺施設についても同様に考えて行くべきだと思っています!!!
 さて、神奈川県議会は、今日から各常任委員会における議案、請願等の審査がはじまりました!議論の場が本会議場から委員会室に移り、より専門的に審査する場となっています!私が所属する「県民・スポーツ常任委員会」も今日開催され、神奈川県レスリング協会における不適正経理問題に議論が集中しました!私も、この問題を取り上げさせていただき、議論をしてきましたが、過去6年間で合計1,127万円の補助金に対し、不適正処理が737万円と補助金の65%が不適正に処理されていた問題です!長年、1人の役員が会計処理に携わっていた弊害が露呈した問題で、先輩後輩、師弟関係で物言えぬ立場にあったこの役員の不適正問題は、有印私文書偽造及び有印私文書変造にあたる可能性がある問題です!今後、更なる競技団体への調査は勿論のこと、他競技団体への影響も避けられない状況と言えます。県体育協会並びにスポーツ局の調査に注目して行きたいと思います!