HOME > 活動報告 > 土砂災害特別警戒区域指定へ

土砂災害特別警戒区域指定へ

土砂災害特別警戒区域指定へ

2017年11月07日

IMG_1449.jpg皆さん、こんにちは。
 先月24日、岐阜県瑞波町の国道で、軽乗用車が炎上しているところを通りかかった高校生4人が、乗っていた高齢女性を車から救出したとして、岐阜県多治見署は署長感謝状をこの高校生4人に贈る方針であると報道がありました!この高校生とは、中京学院大学付属中京高校野球部の3年生で、寮へ帰る途中、軽乗用車のトラブルに遭遇、高齢女性を安全な場所へ非難させたり、警察への通報、現場は一時渋滞しましたが、故障車輛を移動させるなどして、事故処理は30分ほどで完了したと言います!野球で鍛えた咄嗟の判断と人命救助は流石、高校球児らしくて頼もしく感じます!最近、暗い事件の報道が続いていただけに、こうした嬉しい報道に、心が和みますね!お手柄の高校球児にあっぱれです!!!
 さて、先日の台風21号の影響は、私の地元、我が家の息子が通う小学校のすぐ隣でも発生していました。。。。災害時には避難所ともなる小学校の体育館のすぐ隣の斜面が、台風21号の影響で亀裂が入り、また、石積みの一部が崩れました!現在は、ブルーシートで斜面を覆っていますが、地権者は心配しています!
 今日の午前中、県治水事務所の職員の方々が事務所に見え「土砂災害防止法」に基づく土砂災害警戒区域等の指定についての説明がありました。土砂災害警戒区域の中に、土砂災害による著しい危害が生じる恐れのある区域を「土砂災害特別警戒区域」として指定するのですが、川崎市でも今年度から調査等をおこなうというのです!市民、県民の生命を守る意味では、特別警戒区域の指定については理解できます。ただ、特別警戒区域を指定した地権者やその区域内にある住宅等の所有者の皆さんにも影響はありますので、意見をしっかり聞く必要はあります!これから広報等がされますので、是非、お意見をお寄せください。