HOME > 活動報告 > 高校野球タイブレーク導入

高校野球タイブレーク導入

高校野球タイブレーク導入

2018年01月11日

IMG_1516.jpg皆さん、こんにちは。
 高校野球に変化が現れます!日本高等学校野球連盟(高野連)は、この春に開催される第90回選抜高校野球大会から採用が決まっている「タイブレーク制」を夏の甲子園、地方大会、春・秋の都道府県大会と地区大会でも採用することを決定したと発表しました!「タイブレーク制」とは、9イニング戦って同点、延長戦3イニングをおこなっても勝敗が決まらない場合、13回表から「無死1・2塁」で試合を再開し、打順は継続打順でおこなうものです!少年野球では採用されていて、私の地元では「無死満塁」から再開させています。野球という点取りゲームでありながら何故、高野連が「無死1・2塁」からにしたのかはわかりませんが、時代に合わせて変化をしたことについては評価したいと思っています!ただ、決勝戦だけは、延長15回で決着がつかない場合は再試合になるとこれまでと同様のようです!!!