HOME > 活動報告 > 救急車の適正利用を!

救急車の適正利用を!

救急車の適正利用を!

2018年01月13日

IMG_1518.jpg皆さん、こんにちは。
 昨年12月、沖縄県宜野湾市内の小学校に普天間飛行場を離陸した米軍の大型ヘリコプターから窓枠を落下させた事件で、落下した普天間第二小学校では、米軍機が学校上空を飛行していることから校庭が使用されていない現状がわかりました!この普天間第二小学校では「安全が確保されていない」として、校庭の利用についての結論がまだ出ていないと言います。その背景には、事故後、米軍が飛行再開に際して、「学校上空は最大限飛ばない」と説明があったことから、その約束が守られていないことによるものだと分かりました!このような状況が長期間続く事になれば、学校教育に支障をきたすことに繋がりかねず、更なる問題が浮上してしまいます!国には、十分な力を発揮してほしいと思います!!!
 さて、今日は、地元、川崎市宮前区の消防出初式と区賀詞交換会が開催され、出席してきました!出初式と賀詞交換会は、私が代議士秘書時代から毎年欠かすことなく出席している恒例行事なので、既に23回目になります!!!
 消防出初式で頂いた資料の中に気になる資料がありました!救急車の「救急出場件数」についてです!昨年は、8,883件の出場があり、1日あたりにすると24件、1時間に1回の救急出場件数になります。「少ない」と感じる方もいらっしゃると思いますが、救急ではない出場件数は含まれていませんので、単に救急車が出場しただけの件数は、数分に1回というペースになると思われます。。。。判断が難しいところですが、適正利用をお願いしたいところです!