HOME > 活動報告 > 「息子」扱いの区老連!

「息子」扱いの区老連!

「息子」扱いの区老連!

2018年01月16日

IMG_1521.jpg皆さん、こんにちは。
 阪神淡路大震災の発生から明日で23年が経過します。今でも、地震発生の朝のことを鮮明に記憶しています。実家で生活していた私は、起床して茶の間に行くと、母はテレビを食い入るように見ていました!「なにこれ?」と母に尋ねると「地震」の一言が帰ってきました!まちは炎に包まれ、高架橋の高速道路は横たわり、住宅やビルは倒壊、パニックになっている現場レポーターの声が印象的に残っています!あれから23年・・・神戸のまちも外見は奇麗に復興したかのように見えますが、2年前に現地へ行って地元の方に話を聞くと「本当の意味での復興はまだしていない」と感慨深げに話されていました。。。。風化させてはいけない、阪神淡路大震災!真の復興を祈念しています!
 さて、今日は、地元の「宮前区老人クラブ連合会」の賀詞交歓会にお招き頂き出席してきました!区老連も私が秘書時代から参加していることを役員の皆さんをはじめ、多くの方々が知って下さっているので、息子のように接してくださるので、本当に有り難く感じています!!!会員が減少傾向にあった中、昨年は若干、増えたようで、会長も喜んでいました!皆さんのご健康とお元気な姿を只々、喜んでいます!!!おめでとうございま?す!